豆乳 ダイエット

豆乳ダイエットってもうチェックされましたか?
私がの周りで話題になっている、かなり優れものの健康的なダイエット方法です。

ウィキペディアの豆乳の概要によると、豆乳は、牛乳に似た外観と食味があり、大豆特有の青臭さがある。この風味を好む人も多いが、飲みづらいと感じる人もいるため、果汁を加えたり砂糖などで甘みを加えた飲料も販売されている。

中国語では「豆漿」(トウチアン dòujiāng)と称され、よく飲まれている。中華文化圏では、パオズ(包子)などの朝食とともに、暖かい豆乳に砂糖を加えた甘い豆乳(中国語で「甜豆漿」(ティエントウチアン tián dòujiāng)という)を飲んだり、これに油条と呼ばれる揚げパンを浸して食べる習慣がある。食堂、街頭の露天商、ホテルの朝食などで提供されており、カップやポリ袋に入れて買って帰ることも一般的である。また、中国ではミキサー以外にも、家庭用の自動豆乳機も売られており、自宅で大豆から作る人もいる。


塩からい豆乳(鹹豆漿)また、豆乳に塩味の出汁を加え、浅葱と細かく切った油条を浮かべた塩からい豆乳(中国語で「鹹豆漿」(シエントウチアン xián dòujiāng)という)は、小さく凝集したおぼろ豆腐が含まれ、朝粥感覚の「食べる豆乳」である。もともと豆漿は華北を中心に飲まれていたが、1955年に台湾台北県永和市で開店した豆漿店、「世界豆漿大王」(現、新世界豆漿大王)が人気を集め、各地でチェーン展開した事によって、中華文化圏を代表する軽食として知られるようになった。

豆乳は、東南アジアでも広く飲まれている。ベトナムでも朝食用に「シュアダウナイン sữa đậu nành」という甘い豆乳が販売されており、バニラ、ココア風味のものもある。タイでも朝食用に「น้ำเต้าหู้」という甘い豆乳があるほか、タピオカパールやゼリー入りのものも販売されている。カンボジアでも練乳入り豆乳「タッグ・ソンダエク(Tek Sondaek)」が販売されている。というふうに記述されていました。

日本では、中国ほど一般的な飲み物ではないが、豆腐店の店頭などで、新鮮な豆乳が販売されている。近年はスーパーマーケットの店頭などにも並ぶようになり、無調整の豆乳や豆乳飲料を手に入れることが容易になった。中国と台湾には大豆以外に緑豆、黒豆の豆乳もある。黒豆を用いた豆乳は日本でも製品化・販売されている。



豆乳ダイエットを知らないのはとても勿体無いと思います。
と言いつつ、私がも最近知ったばかりなんですが・・・。
これってどんな方法なんだろう、と軽い気持ちで調べてみたら、予想以上に優れものの方法でした。

まだご存知でないなんて勿体無いですよ!
ご存知でない方は、是非一度チェックしてみてください。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

無駄毛は脱毛器具でスベスベお肌
脱毛器具

ソーラー発電に関することを50音順に解説
ソーラー発電

[PR]wms
 COPYRIGHT RIGHTS RESERVED.